*

天草陶石×下津深江川=天草下田温泉

公開日: : 最終更新日:2015/02/07 天草のいろいろ, 天草観光

≪天草観光を5倍楽しく!≫ 天草陶石×下津深江川=天草下田温泉

天草下田温泉は天草陶石層から温泉が湧出していると聞いていました。
でもどうして源泉温度50℃を超える温泉が出ているのか
近くに火山もないのに、天草陶石に水を温めるなにか作用があるのか
ずっと疑問に思っていました。

そんな折、届いたのが
『天草ジオパーク 天草陶石・下田温泉の関係について』という
講演会のお知らせ!
先日、心躍らせ、行ってまいりました!

IMG_1020

講師は、理学博士で天草の地質に関する論文をたくさん発表されている
大塚雅勇氏。
なんと50年前は天草下田中学校の先生をされていたそうで
当時の教え子の方々も講演会を聞きに来られていました。

【目次】
1.天草で恐竜の化石が発見!
アンモナイトの化石は天草のあちこちにある

2.マグマが冷えて固まったものが「天草陶石」
今も天草の地中深くではマグマが活動している

3.下田温泉は2000万年前から存在した!?
九州でも古い温泉地

4.下津深江川があったから下田地域だけ
温泉が湧き出た!

5.温泉と天草陶石は偶然が重なってできたもの
地球からのプレゼント

 

【なるほど~ その1】
天草で恐竜の化石が発見!
アンモナイトの化石は天草のあちこちにある

IMG_1027

↑天草地域地質図および地質図断面図

地球ができたのは46億年前。
地殻変動を繰り返し、天草という土地が誕生したのは約8000万年前。
天草の半分近くは
約8000万年前の白亜紀時代(恐竜のいた時代)の地層からなっているそうです。
五足のくつのある下田温泉地域も白亜紀層。
同じ白亜紀層の離島の町・御所浦では恐竜の化石が発見され、
講師の先生も天草の大江という地域で恐竜の化石を発見したそうです。
ということは・・・・、五足のくつあたりで発掘すれば
世紀の恐竜化石発見!ということになるかもしれないということ!
さあ~~~!わくわくしてきました。

 

【なるほど ~ その2】
マグマが冷えて固まったものが「天草陶石」
今も天草の地中深くではマグマが活動している

恐竜の時代から、地球は何度も近く変動を繰り返し・・・
約2000万年前、地下の奥深くで活動しているマグマが地上に流出します。
天草西海岸に流出したマグマが、
冷えて固まったものが「天草陶石」となりました。

天草陶石の質と規模は日本一と言われています。

12

↑五足のくつのある山は天草陶石の山。写真のオレンジ色の岩肌が天草陶石です。天草西海岸の山は木を切り、土をけずれば天草陶石の鉱脈にあたり、このような岩肌に。地元の人は天草陶石のとれる山のことを「石山」と呼んでいます

 

【なるほど ~ その3】
下田温泉は2000万年前から存在した!?
九州でも古い温泉地

13

↑天草下田温泉『旅館 伊賀屋』の温泉は天草陶石の浴槽。天草陶石の浴槽は保温効果があります。

そして、今の下田温泉付近で変動がおき、川ができます。
川から地下深~くに水がしみこんでいき、
地底の奥深くでドロドロと活動している熱~いマグマに温められ
天草陶石層の割れ目から温泉として湧出するようになりました。
それが「下田温泉」なのです。
下田温泉は2000万年前にできた天草陶石層で湧出し、
それを温めているのは今も地底奥深くにあるマグマ。
深く掘れば掘るほど熱い温泉が出るというのは
そういう理由だったのですね~。納得!

ちなみに阿蘇や雲仙、霧島など火山性の温泉の誕生は100万年前。
地球の歴史からするとかなり新しい温泉地。
天草下田温泉の歴史が、いかに古いかわかります。

 

【なるほど~ その4】
下津深江川があったから下田地域だけ
温泉が湧き出た!

IMG_1031

↑下田温泉街を流れる下津深江川。川の存在が温泉の有無に関係するとは!

天草西海岸沿い、あちこちに天草陶石の鉱脈が走っていますが
温泉が湧き出ているのは下田だけ。
その理由は「最適な位置に川があるから」だそうです。
川から地中にしみ込んだ水が温泉になっているということなのです。
そして、下田温泉が無味無臭で肌触りなめらかなのは
水の質がとっても良いから。
いくつもの自然環境が偶然重なり合って
温泉という豊かな恵みをもたらしてくれているのです。

11

↑下津深江川の欄干は天草陶石製

 

 

【なるほど~ その5】
温泉と天草陶石は偶然が重なってできたもの
地球からのプレゼント

2

毎日、当たり前のように楽しんでいる下田温泉。
日本の陶石産出量の80%をしめる天草陶石。
これは、地球からのプレゼントなのです。
しかも、いくつもの自然条件が偶然にも
見事に重なり合った、
言ってみれば、数万分の1くらいの確立でできたもの!?
北海道でも2000万年前に同じような地殻変動が起き、
マグマが冷えてかたまった石があるそうですが、
白磁の原料には成り得ないそうです。
その偶然が重なりあうという強運を持っている
天草という土地のすごさ。
そして、その地にいるという今の私たちの偶然。
いろいろな気付きを与えていただいた講演会でした。

 

【まとめ】
天草陶石の源がマグマである、ということで
これまでの疑問は解決しました。
そして講演を聞きながら
想像もできない46億年前からの地球の営みの上に
私は生きているんだということを実感しました。
これからも温泉を大切にし、
そして多くのお客様に楽しんでいただきたいと思いました。
大塚先生、素晴らしい講演をありがとうございました!

IMG_1022

 

 

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ

2015年2月のお部屋のご用意できます!
ただいま8月分まで予約を受け付けております。
~2月の土曜日は宿泊料金2,000円引き~
ご予約をお待ち申し上げております

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀
天草に移住して9年。『旅人のように暮らす』をテーマに天草リゾート暮らしを満喫中。天草がますます大好きになりました。 世界に誇るリゾート地・天草を知ってもらいたい! 遊びに来てもらいたい!  そんな思いを込めて記事を書いています。 仕事は、東シナ海に面した山の上に建つ全室離れ、 露天風呂付きの温泉旅館 『石山離宮 五足のくつ』&『旅館 伊賀屋』の支配人です。
五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀

最新記事 by 五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

『天草更紗』が復活! 天草更紗ののれんを作ってもらいました!

五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀 五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀

記事を読む

天草観光 天草窯元「山の口焼」 そしてランチには「山の口食堂」おしゃれな場所です!

稲尾千春 稲尾千春

記事を読む

天草観光 夏リゾート満喫中! 白鶴浜海水浴場のビーチでまったり

五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀 五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀

記事を読む

天草ジオパーク 『おっぱい岩』 一億年の大地の記録!

五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀 五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀

記事を読む

_0229

【天草観光】世界遺産候補、﨑津集落をお散歩!

五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀 五足のくつ&旅館 伊賀屋 支配人 中川亜紀

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今冬も開店!『五足のくつ SUSHIレストラン』

白身魚がおいしい冬だけにオープンする 『五足のくつ SUSH

天草ヒッチハイク旅 番外編

今回は番外編!崎津盛り上がってるよ!編です。  

【五足のくつ】冬の料理~せんだご鍋~

12月になりました。 南の島・天草も少しずつ秋から冬の気配、

天草ヒッチハイク旅 崎津編

崎津は海が近く感じます[/caption] 到着しました!崎津

天草ヒッチハイク旅 出発編

『石山離宮 五足のくつ』に勤務中の小林祐介です。 簡単な自己紹介

PAGE
TOP