*

愛の問題?

公開日: : 2015年9月 キューバ, 旅行家として

私がお世話になったタクシーは、韓国のヒュンダイ製だった。
ナシオナル・ホテルの玄関で一番最初に見たとき、
それは新車のように輝いていた。
だから、走行距離が500万キロと聞いた時は、信じられなかった。
内装も、真新しく見えたが、
それは職人の技が、そう見せていたのだろう。
新車のような輝きも、職人技が、そう見せていたのだと思う。
エンジンを始め、機械関係も、熟練した職人がいたからこそ、
ハバナの街は、楽しい車のテーマパークになっているのだと思う。

彼らは、ゆっくりと生きている。

ハバナの人たちは、時間に追いかけられるようには生きていない。

だから、一台の車に
充分な職人技を使うことを可能としているのだと思う。

そんなことを考えながら、新市街を歩いていたら、
素晴らしい車体のフォード セダンに出会った。
見惚れていると、持ち主が話しかけてきた。
「このフォードは、俺の爺さんが乗っていたヤツだ。
親父、そして、俺で3代目なんだ」
私が、日本人は
車を5年から10年で乗り換えるという話をすると、驚いて、
「日本人には、愛がないのか!!」と言った。

そうか、これは愛の問題なのか、
と笑いながら私は立ち去った。

 

 

_1197

↑これは庶民的な車に属すると思う。
きっと修理を繰り返しながら
50年以上は乗られているのだろう

 

_1222

↑これがそのフォード!
オーナーの愛情とハバナの光に照らされ、光輝いていた

 

_1223

↑車にはキューバとアメリカの国旗が飾られていた。
このフォード車のオーナーはアメリカとの友好を
個人で表現しているんだと思う

 

_1185

↑この方は街角で時計を修理している職人さん。
昔は日本もこのような職人さんがたくさんいたなあ、
日本は使い捨ての時代になってしまったということなのか…

 

 

 
・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
南の島・天草でお待ちいたしております!
12月1日から2016年6月分までの予約を受け付けております。

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

アメリカ大使館

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

_0875

キャバレー「パリシエン」

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

私のリズム

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

_1497

ニューヨーク9.写真ダイジェスト

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

吉田山荘 その1.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP