*

映画『最愛の子』

公開日: : 映画・本

「切ない映画でしたよ」

私は、天草第一映劇を出際に、ご主人の柿安さんにそう言うと、
「いやあ、実話ですからねえ。迫力ありますよねえ」
「最愛の子」という中国映画を今、観てきたところだ。

天草の今日は、朝から天気も良く、
爽やかな夏日といったところである。
釣りにでも出かけようと思っていたが、
「最愛の子」の最終上映日は今日だと勘違いしてしまい、
この切ない映画を観ることになったのだ。

物語は、中国・深圳の街中で突然姿を消した
3歳の息子を必死でさがす両親の姿から始まる。
わずかな希望を胸にさがし続けて3年後、
両親は、遠く離れた農村に暮らす息子を見つけ出すが、
6歳になった彼は実の親を覚えておらず、
“最愛の母”(育ての親)との別れを嘆き悲しむのだった。

と、ここまでのストーリーでもびっくり仰天だが、
ここからさまざまなミステリーが紡がれていくのだから、
中国映画恐るべし、である。

ふだん、ハリウッド映画や邦画を見慣れているので、
それ以外の国の映画を観ると、
時の流れが全く違うことに気付く。
頭の体操には、もってこいだなあ。

この映画で、私が魅かれたワンシーンがある。
それは、エンディングロールが始まる頃、
実際の親子や、育ての親、
その他、この映画を盛り立てた実在の人物たちと、
映画監督や、俳優たちがハグしあったりしているシーンである。
このシーンを観ている間、
すべての人の人生の愛憎劇の出演者たちが、いつかハグしあい、
「あのときは、俺が悪かったよ」とか
「本当は、あなたのこと愛していたんだけど、別れちゃったわね。
でも、まっ、いいか」とか言って、
人生では、憎みあっていた人たちが許しあい、
愛し合うときが来るんじゃないか、というような幻想を抱かせてくれた。
このシーンだけがこの映画の唯一の救いだった。

映画って、ホント、いいものですね。

 

DSC_1710

↑天草唯一の映画館「第一映劇」

 

DSC_1709

↑映画館に着いて今日まではな
く5月27日までの上映であることに気づいた。
実は、打ち合わせをしましょうと言う支配人の中川に
「13時から本渡で商工会の会議がある」と
嘘をついて慌てて出てきたのだ…
まっ、いいか!とそのまま映画館に入った

 

 
・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ

「五足のくつ」「伊賀屋旅館」元気に営業中です!
お客様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

サンダカン八番娼館 Ⅲ

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

映画 「ひそひそ星Ⅱ」

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

映画『団地』

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

サンダカン八番娼館 Ⅴ

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

サンダカン八番娼館1

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP