*

映画 「ひそひそ星Ⅱ」

公開日: : 映画・本

30年前、天草の実家の旅館伊賀屋に帰ってきたころのことである。
旅館の昼間はヒマなので、音楽ばかり聴いていた。
発売を始めたばかりの
ボーズのキューブスピーカーをローンで買って楽しんでいた。

そんなある日、ふと、眠くなる音楽と、
そうはならない音楽があることに気付いた。

二日酔いだったり、
朝早くから働いた後の疲れなどの影響かとはじめ思っていたが、
そうではなかった。
必ず眠くなる音楽があった。

たとえば、オペラ「椿姫」やグリーグ、マーラー等々。
ベートーベンの場合は、音量によってすぐ眠くなったり、
逆に目が覚める作用があることなど面白い発見もあった。

一般には、「眠くなる音楽」というと、
退屈で聞くに値しない音楽のレッテルの意味で使われることがあるが、
まったく逆である。
日々の疲れや、心配事などを忘れさせてくれるから、
眠くなるのであるから、「眠くなる音楽」こそ、素晴らしいと私は思う。
そもそも退屈ということさえも、
生きる上で、必要な時の過ごし方であるはずである。

映画「ひそひそ星」での、
静かな宇宙空間を和風の宇宙船で往来するエンジンの通奏低音と、
アンドロイドのひそひそささやく声音は、人を心地よい眠りに誘う。
そして、その余韻は、いつまでも続く。
その美しい映像の部分部分は、
私の夢の記憶と同じところにあるようにさえ思える。
素晴らしい映画だ。

五足のくつを創る際、
建築家ルイス・バラガンの次のような言葉を常々抱いていた。

「セレニティ(穏やか静けさ)には、
苦悩や恐れを見事なまでにきれいに解消する力がある」

私は、心地よい温泉旅館や、お気に入りのホテルに泊まると、
すぐにでも眠くなる。
普段は、大酒のみなのに、
夕食時にビール一本で朝まで眠ってしまうことがよくある。
「眠るためにこの旅館に来たのだから」
と寝言を言いながら...

 

 

IMG_0013

 

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
南の島・天草でお待ちいたしております!
*五足のくつ&伊賀屋旅館では『天草市プレミアム宿泊券』がご利用いただけます!
*熊本県民の方は7月1日~9月30日までおひとり様3,000円OFF!
*「九州ふっこう割」の宿泊割引券が販売予定です!ご期待ください

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

サンダカン八番娼館 Ⅳ

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

映画作家の嗅覚

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

夜を明かすほどの熱い愛、舞台は銭湯

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

今日も映画を観てきました!

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

サンダカン八番娼館 Ⅱ

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP