*

吉田山荘 その4.

公開日: : 最終更新日:2017/03/10 2017年2月 京都, 旅行家として

吉田山荘から歩いて20分ほどで法然院の山門が見えてきた。
その山門の奥にはまるで
テレビ画面のように院内の景色が広がっている。

静かである。

その日は土曜日だったので、
本堂では檀家さんの法要が営まれていたが、
話し声さえ漏れてはこない。

五足のくつの昼下がり、
海が凪のときは、鳥の鳴き声以外は聞こえてこないが、
ここもまったくそうである。

ゆっくり足を踏みしめながら歩き、池のそばに腰を下ろした。
そして、静かに流れる一筋の水の音を聞きながら瞑目した。

幸せだった。

体中の細胞が至福を楽しんでいた。

5

 

↑毎日、酒を飲み、肉を食べる私は
門をくぐることは許されないのだろうが、
門をくぐってしまった

 

6

↑上は法然院の山門、↓下は五足のくつの門。
似ているなあと思って、並べてみました

8

***********

2

↑上は法然院の鬼瓦、↓下2枚は五足のくつの鬼瓦。
これも似ているなあと思って、並べてみました

IMG_0591

IMG_0570

***********

 

3

↑上は法然院のハラン、↓下2枚は五足のくつのハラン。
ハランは五足のくつの象徴だといえる植物。
法然院にあることがうれしくなって、並べてみました

11

 

7

***********

4

↑上は法然院、↓下3枚は五足のくつの路地
雰囲気が似ているなあと思って、並べてみました

9

 

10

 

12

 

***********

1

 

↑上は法然院の手水鉢、↓下は五足のくつのコレジオの池。
これはまったく似ていません

 

14

 

***********

IMG_0545

↑先日、次女の高校の卒業式だった。
私も長女も同じ、真和高校の卒業生であるが、
法然上人を拝みながら、私が法然院に惹かれる理由が
ここにあるのかもしれないと改めて思った。
母校と法然院の関係に、実は初めて気づいた。
修学旅行で知恩院には行ったのだが、法然院へは行かなかった。

 
・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問合わせ&ご予約はこちらへ
南の島・天草でお待ちいたしております!
2017年3月1日から9月分までの予約を受け付けております。
☆紫ウニ漁解禁☆3月~5月初旬まで「とろける生うに祭り」開催中!!!

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

ニューヨーク4.いらぬ心配

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

私のリズム

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

「ヘミングウェイの酒」という珍本

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ニューヨーク6. ニューヨークで出会ったマコンデ彫刻

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

いざ、キューバへ

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
夏休みの家族旅行

五足のくつがオープンした15年前は、 よくお客様と酒を飲み、それが仕

下田温泉の自然の甦り

先日、神戸の常連のお客様が地元でダクマと呼んでいるテナガエビを獲りに行

念ずれば花ひらく

  「開業15周年おめでとうございます」 遠くからお

天草のラジオ事情

数日前、私の愛車が修理から帰ってくると いつも車内で聴くカーラジオの

温泉ガストロノミーin下田温泉

今年の下田温泉祭では、例年行われているブリのつかみ取り大会や、 女お

PAGE
TOP