*

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その6.

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない
   ~その6. 『リスボンの日本展』

私は、ポルトガル・リスボンのサンロケ教会で、
この教会にひと月滞在した天正遣欧少年使節団に思いを寄せてみた。

1582年に長崎を出港し、2年半後にリスボンに到着。
ローマ教皇グレゴリウス13世に謁見したのは、
さらにそれから半年後であった。
帰国したのが1590年だから、8年間をかけた大旅行である。
出発時の年齢はわずか14,5歳であったという。

私は、リスボンの坂道をゆっくり走る路面電車を眺めながら歩いていると、
『日本展』と書かれた幕が下げられているのを発見した。
展示品を見てみると、AMACUSAという文字に目がいく。
当時、天草で刊行された天草本の複製のようだ。
いや、本物じゃないか、
私は専門家ではないが、
エヴォラ図書館蔵のアルヴァレス「ラテン文典」1593年天草刊とある。
o0545029613113990118

↑天草コレジヨ館所蔵の天草本「ラテン文典」の複製

他にも、これは今となっては確かめようもないが、
いくつかの大英博物館蔵の複製だろうな、
天草本があった。

o0424030413113990117
↑天草本「伊曽保物語」の複製(天草コレジヨ館所蔵)。
原本はイギリス大英博物館に所蔵されている

さらに、天草が巨大な日本で一番大きい島となっている日本付近の海図や、
天草の栖本が江戸の地名よりも大きくなっている地図など
天草人の私にとっては興味深いものがたくさんあった。

世界の歴史の舞台のなかで花開いた時期があった天草。
だんだんと私も、自分自身の天草を表現してみたくなってきた。
心躍るような旅館を、天草というキャンバスに描きたくなってきた。

o0500033313113990119
↑天正遣欧少年使節団がヨーロッパから持ち帰った
『グーデンベルグ印刷機』の複製(天草コレジヨ館所蔵)
当時ヨーロッパでの印刷部数は300~500.
天草での出版部数はその3~5倍の1,500部。
いかに世界規模での出版が行われていたかが分かる。

 

 

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その103.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その95.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その105.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その112.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その81.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP