*

インバウンド時代の天草

公開日: : 最終更新日:2017/04/08 天草下田温泉, 宿主として, 石山離宮 五足のくつ

「ヒアイズ アワメニュー
ホワット ドリンク ドゥーユー ウォント?」

京都駅近くのカフエに入ると、
注文カウンターから男性店員が英語で私に語りかけてきた。
「こんにちは。私は、日本人です。コーヒーをください」
苦笑いしながら私が注文すると、
「とにかく外国人の方ばかりなんですよ。
5年くらい前からでしょうか。
日本人と思って声をかけても、帰ってくる答えは英語なんで、
もう最近では、お客さんの顔を見たら
とりあえず英語で声をかけるようにしているんですよ」

そう言われ店内を見渡すと、
周りに日本人はあまりいないようだし、
この店に来るまですれ違った道行く人たちも
ほとんどが外国人のようだった。

あれはたしか、昨年の暮れだった。
五足のくつのバーでのことだ。
京都からお越しのお客様が、
「天草に来て、いつもと違うなあ、と思っていたんですけどね。
やっと気づきました。
周りが日本人ばかりだ!ということだったんです。
私が住んでいる地域は、もう外国人観光客ばかりで、
ホント、日本人をあまり見かけないくらいなんです。
天草は日本人ばかりで、あまり外国人を見かけませんね。
日本人しかいない旅館に久々に泊まった気がします」

「そうですね。天草には、
いわゆる爆買いの団体客の方々は全く来られませんでした。
訪日外国人のお客様が増えているとニュースなどで聞いてはいますが、
まだ実感としてはないですね。ほとんどが日本人のお客様です。
それでも、最近は、自転車で自然豊富な天草を巡るヨーロッパの方々や、
イルカウォッチング目当ての台湾の方々など見かけるようになりましたよ。
それから、五足のくつには、15年前の開業当初から
韓国と香港からの超常連のお客様がいらっしゃいます。
ありがたいことです」
と、支配人の中川が話していた。

そういえば、今週から、韓国の若者がワーキングホリデーで
五足のくつに働きに来るという。
また、わざわざ東北から五足のくつで働きたい、と言って
先月まで働いてくれた秋田美人がいた。
天草で聞く東北弁もなかなかよかった。

現在も、各地から、五足のくつで働くために来てくれている。
彼らは皆、笑顔で五足のくつを明るく楽しくしてくれている。

15年前、五足のくつのオープンに集まってくれた
天草人のスタッフたちがつくってくれた明るく楽しい風土。
それは、目には見えないけれども確かなものだ。

 

IMG_0612

↑京都のカフェで。英語で声をかけられ、びっくりした。
・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
南の島・天草でお待ちいたしております!
2017年4月1日から10月分までの予約を受け付けております。
☆紫ウニ漁解禁☆3月~5月初旬まで「とろける生うに祭り」開催中!!!

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

今日の一日

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

訓練通りに動くべし!

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

受け継がれるもの

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

海に浮かぶ道路

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

堺さん

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
訓練通りに動くべし!

「火災です!、火災です!」 という呼びかけの次に、あのイヤなサイレン

匠の蔵 ~ミーツオブマイスター

九州のFM各局が制作放映している「匠の蔵」という番組がある。 一言で

まりやインブルー その2.

4月1日に、次女のまりやは関西の予備校の寮に入った。 妹のうららや、

まりやインブルー その1.

「まりや、映画を観に行こう」 大学の春休みで自宅に帰ってきていた長女

インバウンド時代の天草

「ヒアイズ アワメニュー ホワット ドリンク ドゥーユー ウォント?

PAGE
TOP