*

まりやインブルー その1.

公開日: : 最終更新日:2017/04/12 映画・本, 父として息子として夫として

「まりや、映画を観に行こう」
大学の春休みで自宅に帰ってきていた長女の華子が妹のまりやを誘う。
「まりや、『SING』観たいって言よったろ。絶対おもしろいけん行こう」
三女のうららも姉のまりやを促す。
だが、返事はない。

次女のまりやは、志望大学に不合格となったときから毎日、
昼過ぎまで自室に籠ったままである。

その日、しかたなく私たちは三人で映画「SING」を観に行った。
「SING」の主人公のバスタームーンは、
父親から譲られた劇場を何よりも愛していた。
しかし、かつては栄えていた劇場もすでに客足は途絶え、
閉館も余儀なくされようとしていた。
そんな劇場を守るべく一念発起、
バスタームーンは史上最大の歌のオーディションを企画する。
そこに集った訳アリの歌手たち。
皆それぞれ歌の才能は溢れているのだが、
それを阻む心の問題を抱えている。
しかし、自分の夢を叶える最終オーディションに向けて
人生で初めて自らを励まし、ポジティブに挑むのだが・・・

超楽天家の劇場主人バスタームーンでさえも絶望する事態に直面する。
そこから物語は大きく展開していき、
ラストの感動シーンを迎える。

上演後、華子が
「やっぱり、まりやに観せたかったなあ」と言うと、
「これは、まりやにはグッドタイミングだけん。
これを見たら、また来年に向けて頑張ろう!という気持ちになるよ」
小学生のうららが無邪気に答えた。

自宅に戻ると、まりやはひとりでごはんを食べていた。
「『SING』おもしろかったよ!」
と二人が言うと、すこし間を置いて、まりやが言った。

「私、結婚したい」
華子が驚いて、
「だっ、だれと!!」
まりやは、
「羽生君と」

羽生君とは、あのフィギュアスケートの羽生弓弦選手のことのようである。
みんな、息ができなくなるくらい笑った。

 

20170408120903_00001

20170408120903_00002

 

 

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
南の島・天草でお待ちいたしております!
2017年4月1日から10月分までの予約を受け付けております。
☆紫ウニ漁解禁☆3月~5月初旬まで「とろける生うに祭り」開催中!!!

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

映画『団地』

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

天草釣り堀レジャーランドでの一日

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

DSC_1604

映画『ザ・ウォーク』

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

母の死

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

今日も映画をみてきました!その4.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
夏休みの家族旅行

五足のくつがオープンした15年前は、 よくお客様と酒を飲み、それが仕

下田温泉の自然の甦り

先日、神戸の常連のお客様が地元でダクマと呼んでいるテナガエビを獲りに行

念ずれば花ひらく

  「開業15周年おめでとうございます」 遠くからお

天草のラジオ事情

数日前、私の愛車が修理から帰ってくると いつも車内で聴くカーラジオの

温泉ガストロノミーin下田温泉

今年の下田温泉祭では、例年行われているブリのつかみ取り大会や、 女お

PAGE
TOP