*

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その5.

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない
   ~その5. 『ポルトガルの船乗りたち』
o0500033313113939972

↑16世紀、ヨーロッパで最初に描かれた日本地図。地図は天草を中心に描かれており、
天草がいかに世界にひらかれた土地だったということを感じる(天草コレジヨ館所蔵)

ポルトガル・リスボンのバイロアルトという街は、
いつ行ってももの哀しく静かだ。
なぜならば、そこは、ファドの街だからだ。
ブエノスアイレスにアルゼンチンタンゴがあり、
パリにはシャンソンがあり、メンフィスにはブルースがあるように、
ここリスボンにはファドがある。

私は、スペインからポルトガルへ陸路で入ったが、
人も景色もそれまでの活気ある賑わいから一変した。
「物憂い」という表現がぴったりの凪いだ海と静かな人々。
女性は黒い服に身を包んでいる。
訊ねると、海に出た男たちは、いつ死ぬかわからない。
今日かもしれず、明日かもしれない。
だから、それに備えて喪服を日ごろから着ているという。
そのような女たちの運命をポルトガル語で「ファド」というそうだ。

バイロアルトには、ファドを聴かせてくれるお店が軒を連ねている。
イワシの塩焼きに葡萄酒を飲んでいると、
まるで天草にいるような感覚になる。
帰郷した頃、﨑津の教会の裏の波止場で、
鯵やカワハギの干物をつまみに葡萄酒をよく飲んでいた。
カセットレコーダーからは、銀巴里の今は亡き村上進さんの歌う
「コインブラの思い出」や「暗いはしけ」などが流れていた。

帰路、小さな橋の下の屋台をのぞいてみると、
破れた手書きのメニューに「TEMPERA」と書かれてあり、
注文してみると、たしかにそれは、天ぷらだった。
翌日、市場を散歩した。水揚げされた魚は、
どれも下田の港に揚がる魚と変わらないものばかりだった。
お昼ごはんは、鯵の南蛮漬けである。
まるで、ここは天草だ。

ポルトガルの船乗りたちが天草に来ることがなかったら、
五足のくつどころか、
今の日本の食文化さえも成り立っていなかったのではないか、
大袈裟だがそう思う。

私は、ポルトガルを気に入り、何度か訪れたが、
その頃、ファドの女王、
アマリア・ロドリゲスが天草の市民センターで歌った。
信じられないようだが、本当の話である。
彼女は、言っていた。
「この両国の古くからのお付き合いを今後も大事にしたい」と。
その翌年の1999年、彼女は亡くなった。
今は、リスボンのサンタ・エングラシア教会で、
エンリケ航海王子や、ヴァスコ・ダ・ガマなどとともに
ポルトガル10人の英雄の一人として眠っている。

o0500033313113939971
↑16世紀の南蛮船の模型(天草コレジヨ館所蔵)
当時、天草の﨑津には2度、南蛮船が来港したそうだ。

o0500033313113939970
↑天草コレジヨ館所蔵の南蛮船(模型)
16世紀の天草は世界に開けた場所であった。
ぜひ当時の天草の資料を展示した『天草コレジヨ館』には
足を運んでいただきたい。

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その14.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

【番外編】 このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その9.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その25.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その96.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP