*

念ずれば花ひらく

公開日: : 宿主として, 石山離宮 五足のくつ

 

「開業15周年おめでとうございます」
遠くからお祝いに駆けつけて下さったこちらのお客様を
仮に、A様とお呼びして今日のブログを書こうと思う。

あれから約2週間の時が経過して、ようやく書けそうである。

******

A様は、開業したての五足のくつに
奥様を伴っていらっしゃったのが最初であった。
それから何年かするうちにお嬢様が誕生し、
以来、ご家族でお越しくださるようになった。
見るからに「幸せなご家族」を絵に描いたような微笑ましいお三方である。
聞くと、お嬢様は、今年、4歳になられたとのこと。
表情が実に豊で、お喋りもますますうまくなられた。
お嬢様のリクエストにはすべて肯定のお父様の姿は、神様のようである。
人が隣人に対してこのようであれば、争いなどなくなるであろう、
と思わせるほどの神々しさである。

そして、A様は、今回、五足のくつに着かれる早々、
「実は、ガンになりまして」と、言われるではないか。
支配人の中川が、数か月前にフェイスブックの記事を見ながら、
「驚きです」と言ってはいたが、
やはり目の前のご本人に言われると、それはとてもリアルである。

ご主人は、ライブラリーに大きな袋をお持ちになり、
「これは、毎年、お世話になっている
サービス担当の福田さんへの出産お祝いです」と言われた。
A様ご家族には、スタッフの福田がいつもお世話させていただいているのだが、
現在、出産休暇であることをお知らせしていたら、
このようにお気を遣われ、恐縮した。

「これは、太郎くんへ。
前回、飛行機の羊羹を喜んでいただいたので、
太郎くんだけに特別な羽田空港限定の羊羹です。
飛行機のイラストをまた、喜んでもらえるかなと思って。
そして、これはフィンガースピン」
光るフィンガースピンは、
私の長男の太郎が欲しがっていたものでもあり、
さっそく太郎に伝えた。

ご滞在中、天気予報では雨であった。
私は、A様ご夫妻がお嬢様と
ビーチで遊ばれるご予定ということを承知していたので、
どうにか雨が降らないでほしい、と願っていた。
朝、天気予報に反して、晴れていた。
気持ちのいい朝だった。
それは、昼過ぎまで続き、
ついに、A様ご家族がビーチで楽しんでお帰りになった、
という報告を聞くなり、ガッツポーズをした。

私は、今回、A様とじっくり話し込みたい欲求を抑えることに努力を要した。
飲みながら、さまざまなことを語り合いたい、と思ったが、
それはするべきではない、と用心した。
私は、このような場合に、自分を抑えきれないことがよくあるのだ。
そして、それは、あまり良い結果を残さないこともわかっていた。

だから、お見送りの際は、心からご家族のお幸せを願った。
これでよかったのだろうか、と自問しないでもいいように、お幸せを願った。
「旅館の主人として、これでよかったのかってやっぱり思う」
と呟くと、支配人の中川が言った。
「A様が『今回、五足のくつに来て、
光、体に感じる空気、風、虫の声、鳥の声。
そして何より、いつもおいしい食事ですが今まで以上に、
すべてがおいしく、心に沁みました』と言われてましたよ。
帰り際には奥様から『〝自然のなかでおいしいものを食べて、
力強く生きて行こう、元気になった〟と言う主人の明るい姿を見て、
やっぱり来てよかったと思いました』と声をかけていただきました」

 

そして、私は、16年前の五足のくつの地鎮祭のときのことを思い起こしていた。

挨拶のなかで、最も協力してくださった恩人、設計士の硯川さんに
「どんな宿をつくりたいのか」と聞かれ、
「人を元気にする宿・・・」と言おうとしたときに
嗚咽が漏れ、腹の底から声を出して泣きつぶれてしまったときのことを。

「自分の宿」がこれから建設されるという現実が、私を圧倒した瞬間だった。

もっと正確に言うならば、
こんな素晴らしい奇跡が起きるのがこの世界の「ありがたさ」なのだ、
ということを初めて認識した瞬間でもあった。
天草のこの地に人を元気にする宿をつくろうと毎日毎日、私は念じていた。
がむしゃらに、一途に念じ続けた。

そして、五足のくつは開業し、その15周年の晴れの日に、
A様ご家族が「五足のくつで元気になった」と言ってくださった。

A様ご家族は私の心の中に綺麗な綺麗な蓮の花をひらかせてくださったのだ。
私はこの日を忘れることはないであろう。

 

IMG_0871

↑↓A様、ありがとうございます!!!

 

IMG_0870

 

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ
夏は一年でいちばん天草が輝く季節!
南の島・天草でお待ちいたしております!

bnr_side01

bnr_side02

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

懐かしいパンフレット

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

インバウンド時代の天草

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ふっこう割

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

訓練通りに動くべし!

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

天草は、パラダイス

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
夏休みの家族旅行

五足のくつがオープンした15年前は、 よくお客様と酒を飲み、それが仕

下田温泉の自然の甦り

先日、神戸の常連のお客様が地元でダクマと呼んでいるテナガエビを獲りに行

念ずれば花ひらく

  「開業15周年おめでとうございます」 遠くからお

天草のラジオ事情

数日前、私の愛車が修理から帰ってくると いつも車内で聴くカーラジオの

温泉ガストロノミーin下田温泉

今年の下田温泉祭では、例年行われているブリのつかみ取り大会や、 女お

PAGE
TOP