*

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その27.

公開日: : 最終更新日:2014/12/25 このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない
~その27.『世界旅行』

青い鳥は、すぐ近くにいた。

私は、1988年頃から世界旅行に出かけるようになった。
伊賀屋の保証債務が一段落すると、
母に「今度はイスタンブール」「今度はモロッコ」
「今度はジンバブエ」などと言い、一月ほどの旅に出た。
いきあたりばったりの自由気ままな旅だったが、
吸収したものは計り知れない。
そして、今思うのだが「世界は自分が創る」という感覚は
この頃から芽生えたものだったのではなかったか。

「自分の世界観を自分の人生で実現する」
と言ったほうがわかりやすいだろうか。

それぞれの人が自分の世界を持っており、
その世界では自分が主人公という感覚だ。

1993年頃からは何度か、城先生はじめ、
建築家、ホテル経営者たちとともに
ヨーロッパの何人かのホテルオーナーたちを訪ねた。
彼らは、地元を楽しんでいるように感じた。
それがかっこよかった。
ヨーロッパは、田舎に行けば行くほど
デザイン性の優れた看板や建物があるように感じたが、
それは彼らの地元への誇りが都会よりも
よりダイレクトに訴えかけてくるからではなかったか。

私は、天草を楽しんだ。
朝、伊賀屋の仕事が一段落すると、
本を片手にブルーガーデンへ行った。
コーヒーをすすりながら海や空を見上げると、
あまりの幸福感で圧倒されそうだった。

その状態を言い現わせば、この言葉に尽きる。
「天草に生まれてよかった」

2

↑世界を旅しながら書き留めたノートは宝物だ。読み返すと笑えるページがほとんどだが…。これは機内食についての感想。「タバスコがあればなあ」とか「あと一人前欲しい」とか…。あ~、このときの料理がよみがえってきた! 旅に出たい!

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ

 

bnr_side01

bnr_side02

 

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その22.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その99.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その113.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その132.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その57.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP