*

「五足の靴」から100年

公開日: : 最終更新日:2014/12/20 天草人として, 旅行家として

南アフリカへ行ったときのことだ。
オーストラリアからの旅行者がやけに多い。
途中、ロンドンでマラリアの薬をもらい、
アムステルダム経由でヨハネスブルグに到着した私の頭の中が
平面的になっていたから分からなかったのだろう。
実は両国は南極をまたいでとても近いのだ。
地球は丸い、と実感した。
そして私は、地球という大きさで考えれば、
天草は最果ての地にあると思う必要はない。
逆にアジアに開かれている、と考えるようになった。

これは旅の効能だ。
旅とは、訪れた土地の人々や風景、モノなどに触発されて
自己を見つめ直す作業である。

今からちょうど100年前、
天草を訪れた五人の詩人たちは天草を歩いて旅し、
その旅にエキゾチックなヨーロッパ文化を求めていた。
彼らにとって、日本の中のヨーロッパは天草であった。
宿の主人や島の人々、ガル二エ神父など
陽気で人なつっこい天草人たちとの出会いと、その豊穣な異国情緒は、
彼らの心を内面へと向かわせ、
日本の耽美派文学の祖たらしめた。

時代はめぐり、また日本人は「旅」をしたいと思っている。
かつて若き詩人たちをインスパイアした天草。
この島の自然や歴史や風土は、訪れる人々にインスピレーションを授ける。
100年前、彼らが歩いた道「五足の靴文学遊歩道」を歩いた。
木々のざわめき、吹き抜ける風。
鳥の声、海の香り、木々の隙間から見える東シナ海…。
ここは100年前から何も変わっていないような気がした。

「熊本日日新聞社 2007年3月24日付きょうの発言」掲載
The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

私のリズム

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ラ・テラッセ

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

1368

きのこ王国信州

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

天草のイルカウォッチングをはじめた長岡さん

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ハバナへハバナへと風は吹く

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP