*

Short Short02 オスピシオカバーニャス

公開日: : 最終更新日:2014/12/20 ショートショート

「ママにいつも聞かされたオロスコの天井画を観てきたわ。
ほら、写真もうまく撮れてるでしょ。ママが亡くなる前、
新婚旅行で行ったメキシコのグアダラハラのことをよく話していたから
入学式の前に行ってきたの」
天草空港に到着した理沙は元気そうだった。
「パパ、今日はごちそうしてね、一週間ぶりの日本だから、お寿司がいいわ。
私が小さい頃、3人で行った蛇の目寿司」
彼のかつての妻だった明子が先月死んだ。
彼女との間にできた一人娘の理沙から病の報せを受けてからわずかひと月後のことだった。

「お母さんが大変な時期によく頑張ったな。
大学では何をやろうと思ってる?」
「世界中を旅しようって思っている。それはママが望んでいたことなの。
パパみたいに人の目なんか気にせず、自由に生きなさいって。
ママにはそれが理解できなくて、
パパのわがままにしか見えず離婚してしまって、後悔しているって言っていたわ。
入院してからは、もう一度、グアダラハラをパパと一緒に歩きたいって言っていたの。
オスピシオカバーニャスのベンチに寝っ転がってオロスコの天井画を観てみたいって。
パパ、叫んだんでしょ、俺もこんな迫力ある表現がしたいって。
だからパパは、あの絵にインスピレーションを受けて
ホテルGを創ったに違いないってママは言っていたの」
両親が新婚旅行で訪れた街を、理沙は見たかったのだろう。
しかも、その両親は離婚している。
明るく振る舞ってはいるが、彼女の心の底には、
身勝手な男と女のために傷つけられた少女の悲しみの澱が漂っているはずだ。
orozco
「20世紀、スペイン人の圧政により虐げられた人たちによって革命が起きた。
革命後、政府は、メキシコ人としてのアイデンティティを国民に伝えるために
独自の歴史を壁画によって伝える運動を起こしたんだ。
オロスコはその題材をインディオとスペイン文化が衝突した大航海時代に求め、
おれも天草の…」
酔いにまかせてしゃべり始めた彼の前に寂しそうな表情の理沙がいた。

ハネムーン初夜、テキーラに酔って歩く二人の横に
バイオリンやギターを持つ、ソンブレロ姿のマリアッチが寄ってきて
『見上げてごらん夜の星を』を日本語で唄ってくれた。

手をつなごう僕と
追いかけよう夢を
二人なら苦しくなんかないさ
僕らのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる

綺麗な星空だった。新妻は、夫の話す夢物語を頼もしそうに聞いていた。
のちに「別れ」を言い出したのは、妻からだった。
夫の描く途方もない夢と現実とのアンバランスに嫌気がさしてきたのだった。
何度も心のなかで「大ほら吹き!」と叫んだ。
だが、彼にとって明子は最愛の女であることに変わりはなかった。

「ママの臨終のことばを教えてくれないか」
「“もう一度、パパと夢を見たい。”
ホテルGに行ったら、もう一度、私を抱きしめてくれないかしらって何度もいったわ」

彼の目がうっすらと赤らみ、そして緊張が解けたように涙がとめどなく流れた。

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

包丁を研ぐ

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

Short Short04 邪宗門秘曲

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

Short Short01 夜上海

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

Short Short03 大食漢

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

朝が来るたびに

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP