*

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その28.

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない
~その28.『読書体験』

「なぜ、あなたは五足のくつを創ることができたのですか」
という質問を受けることがよくある。
私は、決まってこのように答える。

「幼いころからの読書体験があったから」

この答えを聞いて、腑に落ちた
と言わんばかりに賛同する人がいる。
目が輝いている。
本が好きな人なのだろう。
読書体験の強烈さをご自分も体験されているに違いない。

私が小学校一年生の頃だったと思う、
父が江戸川乱歩の「ポプラ社刊怪人二十面相」を買ってくれた。
その装丁は、反眼の大きな仏像が右上に浮かび、
左下には、その仏像を照らす蝋燭が怪しく灯る。
この部屋は地下室で、
強固な石造りに違いないなどと思うとウキウキしてきた。

毎晩、その装丁に眺め入り
想像することがどれだけ楽しいことだったか。
自分が日常見ることのできない世界、
異界がその本のなかには詰め込まれていた。
はるか遠い国ロシアのロマノフ家に伝わる宝石の輝きは
目も痺れんばかりだった。
小林少年のように大人と同等に渡り合える能力に憧れた。
この世は楽しいことだらけのような感覚を楽しんだ。

それ以降、作者が描く世界を忠実に自分の頭で再現することで、
様々な様式の建築や家具が脳に刻まれてきたに違いない。
また、樹木が人々を歓迎するときの枝振りは、
どのような感じか最初に教えてくれたのは本のなかではなかったか。

赤いリボンの付いた本とチョコレートを
クリスマスプレゼントにもらって嬉しかった頃が愛おしい。

 

IMG_0674

↑五足のくつのライブラリーは私の本棚だ。本の趣味が似ているお客様が多く、不思議だなとよく思う。とてもうれしい。

 

・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*:・゜ ・*。.:*・゜ ・*
お問い合わせ&ご予約はこちらへ

bnr_side01

bnr_side02

 

 

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その69.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その105.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その47.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その127.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その70.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP