*

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その21.

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない
~その21.『東京ウォーカーと九州じゃらん』

『東京ウォーカー』にラーメン店「辰巳」の記事が掲載されてからは、
一日の売り上げが以前の倍の日もあった。
1990年代はじめの当時、インターネットは普及しておらず、
雑誌の影響力が全盛であった。
私は、伊賀屋でもこのような効果を作り出せないかと考えていた。
あれは忘れもしない1995年、
リクルート社から九州じゃらんが創刊された。
さっそく掲載を申し込んだ。

「天然温泉24時間いつでも入れます」
「新鮮な海鮮料理」
「イルカウオッチングできます」

こういった内容で、今思うとおかしいが
その効果はすさまじく、女将の母は驚いた。
それからは、
波止場でアジゴが釣れるようになると「サビキ釣りプラン」、
海水浴の季節には「天然白砂のビーチあります」
こんなことをやっていた。

そして、だんだんと写真の効果やプランのネーミングなどが
重要であるということなどがわかってきた。

そこで生まれたのが「エビカニ合戦プラン」である。
これは、大きい器に伊勢海老の活造りと
カニを盛ったプランですごくヒットした。
今でも続けているロングラン商品だ。
私は、これを童話シリーズにしようと思い、
「一寸法師プラン」
直径30cmほどの大きさのお椀にカニの味噌汁で笑いをとる。
続いて「浦島太郎プラン」
これは、お造りを蓋付きの器に盛り、
ドライアイスを入れて蓋を取ったら煙がでる。
また、風呂にバラを浮かべる「バラ風呂」も好評で
今も続けている。

こういった活動の結果、伊賀屋の売り上げは、
私が経営に加わった1986年の約三倍になっていた。

o0450030113147211634

↑エビカニ合戦プランのメイン。
伊勢海老とカニが一度に楽しめる。
20年近くたった今も一番人気のプランだ。

 

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その124.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない ~その85.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その76.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その24.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その26.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP