*

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その16.

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない
~その16.『増価主義』

城先生との契約期間は、過ぎた。

第一回目の記念すべき事業計画書は実現することなく今も
私のデスクのなかに眠っている。
城先生とは、それ以来20年間、一度もお会いしていないが、
先生に教えていただいて今も大切にしている言葉に
「増価主義」というのがある。

あれはたしか、建築家やホテル経営者など何人かで
ヨーロッパのホテルクリニックツアーに
出かけたときのことだったと思う。
「サンジャンキャップフェラ」などコートダジュールのホテルを
ジャパンマネーがまだ買い占めていた頃だった。
「サンマルタン」という瀟洒なホテルのレストランでの
ツアー最後の講演のなかで先生が話された。

「富士屋ホテルの山口祐司社長が
最近、こういうことを言われています。
ホテルは、開業したときが会計学上は最も価値のある時で、
年々、その価値は減価されていくと考えられていますが、
これからの日本のホテル経営者は
そのように考えてはいけません。
年を経るに従って、
価値を増すようなホテルを造らなくてはなりませんし、
その方向への努力をしなければいけません。
今回、ツアーで拝見したホテルは古い施設が多かったのですが、
山口社長の言われているような努力を
それぞれのオーナーがなされているのだと思います。
どうか皆さんもそれぞれのお立場で、
この言葉を吟味いただければと思います」

私は、このツアーで歓待してくださった
ホテルオーナーたちの姿が今でも目に焼き付いている。

o0500033313135646869
時を経るにしたがって価値を増してきたなと思える風景のひとつに
邪宗門の窓外の景色がある。東シナ海に向かって開かれた
五足のくつのヴィラABの個室レストランである。
窓外の景色を緑いっぱいにするのに10年かかった。
 

o0500050013135646870

五足のくつのメインの建物、コレジオ。
山の中の一軒家の風情にするのに10年かかった。
オープンして13年目の今年、やっと自分が思い描いていた姿になりつつある。

 

 

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その84.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その81.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その26.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その66.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その119.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP