*

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その14.

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない
~その14.『せどや』

南フランスのエズ村は、別名・鷹巣村と呼ばれている。
鷹の巣は、雛や卵を守るため
外敵が近づくことができないほどの高地に
作られていることからそのように呼ばれているそうだ。
文字通り、切り立った崖の上、
海抜約420mに位置するエズ村は、その村一帯が観光地となっていて、
二軒のホテルがあるが、
そこにたどり着くまでの石畳の道を歩くのが楽しい。
人とすれ違うのがやっとという狭い道幅で、
しかも直線ではないので、
その先にどういう景色が現れるのか、とても楽しみになる。

そういえば、東海道や、
五足の靴の一行が歩いた明治時代の道もこれくらいの幅であった。
思えば、車社会が到来する前の道というものは、
これくらいの道幅が主流であったのではなかろうか。

今から30年ほど前、黒川温泉が一躍人気温泉地となった。
私は初めて訪れたときに、
その成功の要因が、道の狭さではなかろうかと思った。
狭く、人とすれ違うのがやっとという道、
それは、土地の人の生活空間でもある。
そんな道を浴衣姿で歩くことがどこか懐かしい、
という感情をお客様方は感じられたのではなかろうか。

そこで、改めて下田温泉を見たとき、
昔から形成されてきた下津深江川沿いの温泉地ではなく、
山手の一般の人たちの生活空間がある狭い路地や、
漁師たちが住む海辺の家々の隙間の路地・
これは昔から「せどや」と呼ばれている、
こういったところに旅館や民宿が移っていけば、
面白くなるのではなかろうかなどと思ったりしたものだ。

o0500037313133868192
↑漁師さんの集落にある路地「せどや」。
下田温泉と漁師町は隣あっている

o0500037313133868193
↑下田の漁師さんたちが海上安全のために崇敬している恵比寿様

The following two tabs change content below.
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文
下田温泉一の老舗『旅館 伊賀屋』の六代目として 天草下田温泉に生まれた天草育ちの天草男児。 2002年7月に、九州の西の果て、東シナ海を見渡す山に 全室露天風呂付き離れの温泉旅館『石山離宮 五足のくつ』をオープン。 趣味は散歩と温泉と水泳。旅行家としての一面も持つ。
石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

最新記事 by 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その56.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その16.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その89.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その28.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

このことが無かったら五足のくつはできなかったに違いない その59.

石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文 石山離宮 五足のくつ オーナー 山﨑 博文

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
天草 下田温泉街

先日、五足のくつで学生時代の同窓会を催してくださった 5名様ほどのグ

猿の惑星:聖戦記

私は、「猿の惑星:聖戦記」を観ながら「これだ!これだ!」と、 そのシ

ニワトリのジョナサン

熊本で「エイリアンコベナント」と「アウトレイジ」を続けて観てから 私

ラ・ラ・ランド

「ミクロの決死圏」というアメリカ映画を 幼い頃、父とテレビで観ていた

ムーンライト

天草第一映劇に入ろうとしたら、 入口にアルプスの少女ハイジの大きなポ

PAGE
TOP